購入時の注意事項

いざ婚約指輪を購入するという際には注意しなければいけないことがあります。ダイヤのついた指輪を購入する際には、確認事項がたくさんあります。まず、ダイヤモンドの質です。もしかしたら婚約指輪でなくてもダイヤのついた指輪や時計を購入したことがあるかもしれませんが、婚約指輪はダイヤが主役の指輪です。ですので、このダイヤの質はとても重要なのです。ダイヤの鑑定はとても難しいものですが、天然石の本物のダイヤというものは、その価値が国際的に保障されているのです。ですから、本当に品質の良いものを選びたいのであれば、この保障のついたものを選びましょう。

次に、ダイヤのクラスです。先ほどの本物である保障のついた商品の中でも婚約指輪にふさわしいクラスのダイヤであるかという鑑定です。ダイヤには世界共通で定められている基準があり、その基準に沿ってクラス分けされていきます。もちろん最上級のクラスのものを選ぶに越したことはないのですが、値段が張りますので、自分の納得できるクラスのものを選びましょう。

ここまでの段階を経て指輪を決めたら、必ず鑑定証が付いているかを確認しましょう。この鑑定証とは購入したお店等の関係しない第三者機関が鑑定した宝石鑑定書です。この鑑定書があることにより、その指輪の価値がぐっと上がるものなので大切に保管します。

また、店によってアフターサービスなどの保障がされている場合があります。傷がついてしまったり、サイズが変わってしまった場合などに修理をしてくれるサービスが保障されていることがありますので、購入時には必ずお店に確認をし、保証書をもらうようにしましょう。

安くても良い指輪の選び方

婚約指輪の値段はこだわらないという嬉しい意見はありますが、やはりそれなりの値段はするものです。そこまで高いものは買えなくても、大切な人へ贈るものですからできるだけ良いものを選びたいですよね。では、どのように選べば良いのでしょうか。

値段は落としても品質は落としたくない、そうなるとまずデザインから考える必要があります。基本的にシンプルなデザインほど値段は下がります。シンプルなリングにダイヤが一粒乗っているだけというデザインであとの装飾はなしというデザインであれば一般的な値段よりも安く買えるでしょう。それではちょっと味気ないかなと思うなら、思い切ってダイヤではなく違う宝石にしてみるのも手です。彼女の誕生石を乗せてみてはいかがでしょうか。ダイヤには「永遠の輝き」という意味がありますが、誕生石は「自分を守ってくれる」という意味があります。これから彼女を一生守っていくという意味も込めて贈るのもステキです。

でも婚約指輪なのでやっぱりダイヤの指輪を贈りたいということであれば、ブランド店で買うのではなく宝石問屋で買うという方法もあります。

関連情報
ガラ おかちまち|御徒町・銀座・新宿・横浜元町のジュエリー・結婚指輪(マリッジリング)・婚約指輪(エンゲージリング)
質の良いダイヤ付き婚約指輪を購入できる宝石問屋です。

箱にブランドのロゴはありませんが、良い品質のものを、ブランド店や百貨店で買うよりも安く買うことができます。このように安く指輪を買う方法は様々なので、彼女の好みに合ったものを選びましょう。

値段を気にしない女性も多い?

婚約指輪と言えば、やはり一粒ダイヤが真ん中で輝いているというイメージですよね。これは世界共通の代表的なデザインで、シンプルなので飽きることがなく、また年齢も気にせずにつけられるので、一生つけることができるからです。

しかし、ダイヤというものは高いもので、ダイヤの中でも大きさや品質で値段が大きく変わってくるものです。素人では全くわからないものですが、やはり見比べると納得させられる部分もあるのです。大切な人に贈るものですから、やはり良いものを選びたいとは思いますが、良いものを追い求めると手の届かないような値段になってしまいます。男性としてはヤキモキしてしまいますよね。

一般的に婚約指輪の相場は、20万~30万円ほどと言われています。一昔前には「給料3か月分」と言われていましたが、最近ではそこまで高価なものを送ることはあまり多くないようです。そんな値段事情ですが、実際に女性に婚約指輪に対する思いを聞いてみると、意外と値段は気にしないという女性も多いのです。

詳しく聞いてみると、「特に一粒ダイヤにこだわらないという」意見や、「ハイブランドの商品でなくても良い」、「誰ともかぶらないオーダーメイドや彼の手作りが良い」など男性にとっては安心する意見もあるのです。そんな女性たちに共通するには、彼が自分のことを考えながら選んでくれたり、贈ってくれることに意味があると考えていることです。高価なものでなくても気持ちのこもった指輪が欲しいという女性の気持ちの表れでしょう。

婚約指輪の予算

婚約指輪とは、カップルが婚約したことを証明するために、男性から女性へ送られる指輪です。多くの場合、この婚約指輪に使われる宝石はダイヤモンドで、「永遠の輝き」という意味を込めて選ばれているようです。このように一生に一度の大イベントである結婚において、婚約指輪は無くてはならないものなのです。結婚してからずっとつけていくものですから、デザインやブランド、価格帯など、女性であれば少なからず希望はあるはずです。

中には結婚が決まってから2人でお店に出向いて、女性の好きな指輪を選んで男性が購入するというパターンもあるかと思いますが、男性にとっても一生に一度のことですから、一生心に残るようなサプライズのプロポーズをしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、そうなると婚約指輪を男性がパカッと箱を開けてプロポーズして、女性はそれを文句を言うことなく頂くというのが通常の流れとなるので、なかなか希望を言うという機会のないものというのが実情です。ですから、男性には女性好みのデザインや好きなブランドなどを普段からリサーチしておいて、最高の指輪を選び、そして最高のプロポーズをしてほしいと思うのです。

そんなプロポーズを考える男性にとって、デザインやブランドの好みはリサーチできて、好みに合いそうなものを選べたとしても、値段はなかなかリサーチできませんし、ましてや本人に聞くこともできませんよね。聞いたところで自分の懐事情も関係してくるので、悩むところです。ここでは、そんな婚約指輪の値段について、女性の考えや指輪の選び方などをお話しますので、プロポーズを考えている男性は参考にしてみてください。